映像で表現する

結婚式ではさまざまな工夫を凝らした演出方法が用いられます。最近では映像技術が発展したおかげで、低コストでオリジナルのムービーを作ることができるようになっています。そのため、披露宴や二次会の会場で新郎新婦の紹介をするプロフィールビデオや、オープニング、エンドロールなどを使った演出が定番化しているのです。

プロフィールビデオで伝えられること

花嫁

新郎新婦の略歴

誕生から現在に至るまでの生い立ちを写真やビデオ映像を用いて紹介していきます。ナレーションや字幕などで、説明していきますので、二人の略歴をゲストにわかりやすく伝えられます。

二人の出会いの物語

本人や友人、ときにはプロの俳優を使って二人の出会いを再現したドラマ仕立てのムービーが人気です。二人にとっても出会いから結婚までの大切な思い出が辿れるますので、貴重な宝物となるでしょう。

感謝の気持ち

両親や家族、当日参加してくれているゲストを紹介して、感謝の思いを伝えることができます。初対面同士が多い場合でも、新郎新婦とゲストとの関係性がわかりやすくなりますので好評です。会場の一体感が大きくなります。

流すタイミングは?

プロフィールビデオを結婚式場で流すタイミングは、お色直しの際が適しています。中座して主役がいなくなると、飲食をしたり、お酒を注いでまわったりする流れが一般的ですので会場がざわざわとしてきます。お色直し後に再入場する直前のタイミングで席に戻ってもらい、そのままムービーを流すことで、場の雰囲気を再び自然に変えることができます。

プロフィールビデオ制作で大事なポイント・ベスト5

ウェディング
no.1

素材の選定

写真や音楽、動画などいくつもの素材を使ってムービーを仕立てていきます。ムービーの要となりますので厳選していきましょう。

no.2

メッセージ性

ムービーのナレーションやコメントでは、的確でわかりやすいメッセージを伝えることを心がけましょう。表現方法にも工夫が必要です。

no.3

構成

順番を変えるだけで、映像は意味が大きく変わってくるものです。起承転結を意識して、ゲストに伝わる構成を考えましょう。

no.4

費用

ムービー制作を業者に依頼するのであれば、表現したい内容によって数万円から数十万円と料金体系は変わってきます。予算内で無理せずに依頼していきたいものです。

no.5

エピソードのチョイス

センスが大きく問われてきますが、ゲストの性格や会場の雰囲気を考えながら、ベストなエピソードを選んで紹介していきましょう。

[PR]
ブライダルエステの効果を知っておこう
サロン選びの参考になる!

会場を盛り上げるプロフィールビデオを制作しよう

新婦

ポピュラーな演出表現

新郎新婦が自らの生い立ちや出会い、ゲストや家族のことを紹介するプロフィールビデオを用意することは、最近の結婚式では主流となっています。神戸や大宮の結婚式場でも定番の演出となっていますが、式場によってはスクリーンの位置や大きさが変わってきますので、会場の規模に合わせて制作をしていくことが大切になります。

新郎新婦

業者を選定しよう

自分たちや知り合いに頼んでムービー制作をすることもできますが、やはりプロの力を借りた方が得策だといえるでしょう。費用は意外とリーズナブルに抑えることができますので、自分たちで用意するよりも低価格で作ることができるはずです。しかも仕上がりの違いは歴然といえます。製作実績を参考にしながら、よりイメージに近いムービーが頼める業者を探していきましょう。

質問コーナー

ウェディング

二人の写真が少ないのですが作れますか?

もちろん可能です。写真素材が少ない分、アニメーションや文字表現などほかの素材でカバーしますので、相談してみましょう。

[PR]
大宮で結婚式場を利用
用途に合ったところ発見!

[PR]
湘南で結婚式場を選ぼう
最高の思い出作りができちゃう☆

広告募集中